• ホーム
  • ロイズの想いとこだわり

ロイズの想いとこだわり

The thought of ROYCE'

「〜笑顔の輪が広がる〜そんなチョコレートをつくりたい」
私たちロイズの"想いとこだわり"

1983年の創業から現在に至るまで、想い続けて来たのは「魅力的な製品」をつくるということ。味はもちろん素材、品質、個性、価格、ホスピタリティなど、多くの要素がひとつとなることで、単なる「チョコレート」ではない魅力的な「心に残るロイズのチョコレート」になると私たちは考えています。開発から製造、そして販売と、お客様の口に入るまでの一つひとつの過程がどれも「魅力的な製品」と感じていただける方法を追求し、「クオリティ」「オリジナリティ」「プライス」の3つにこだわりを持ち続けているのです。

-「品質」へのこだわり
素材の選定、レシピの開発、味わい、製造工程、衛生面、販売の方法、接客など様々な点にこだわりを持ちながら製品のクオリティを高めています。全ての点で高品質であることがロイズ製品の基本姿勢です。
-「個性」へのこだわり
製品や製品づくりのすべてに、ロイズらしさやロイズならではのオリジナリティを感じさせることも私たちの大切なこだわりです。お客様を感動させる製品を提供するためには、すべての製品に個性が必要であると考えています。
-「価格」へのこだわり
ロイズ製品を日常的に召し上がっていただける価格設定を心がけています。しかしそのために素材のレベルを下げては意味がありません。機械設備の改善や製造方法の工夫、工程の効率化などを追求し続けることで、常に高品質を維持しています。